僕らは奇跡でできている、自分の中にある光が大きくなると・・・

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできている

現在放送中、高橋一生さんが主演のドラマです。

このドラマを毎週楽しみにしています。

出典:https://www.ktv.jp/bokura/index.html

最初は、話の盛り上がりにかけるし感情の浮き沈みがないことやストーリーの進むテンポに

「ドラマっぽくないな」と感じていたけれど、

徐々にはまっていきました。

なぜなら、毎回、優しくそして力強く生きていくためのヒント

(メッセージ)を発っするから。

ドラマ仕立てでそれを見ていると強烈に自分の中に響きます。

栄倉奈々さんが演じる育美が感じている生き辛さとか

葛藤などに共感できてついうるっとなります。

はっきりとした台詞は忘れてしまったけど、

一輝と育美がたまたま焼肉店で居合わせて会話します。

育美は自由奔放な言動をする一輝をしらけた目で見ていて・・・

一輝)僕は人となかなか仲良くなれません。

育美)自覚しているんですね。

一輝)でも僕は一番仲良くなりたい人と仲良くなれたのでいいんです。

昔は僕は自分のことが大嫌いでした。

でも今は仲直りしました。

育美)・・・・

みたいなやりとりがあって、軽く衝撃を受けるんです。

一番仲良くなりたい人って誰だろう?

のあとに、大嫌いだった自分って!

自覚のないままに自分のことが大嫌いと思いながら生きている人は多いと思います。

自分のことを嫌いながら生きるのは大変。

私もそうだったからそれをストレートに堂々と自分が好きと言う一輝が輝いて見えます。

昨日放送された内容の中では、

一輝の祖父が、小さい頃の一輝に話しかけます。

遊んでいる一輝に

祖父)今どんな気持ち?

一輝)楽しい、面白い!

祖父)その気持ちは光だからな

一輝の中にある光だ。(一輝の心に手を当てながら)

そして、ある日大人になった一輝に祖父が聞きます。

祖父)一輝の中にあった小さな光は充分大きく広がった。もっと広がったらどうなる?

一輝)光の中に他の人が入る

祖父)あぁ、それもまたいいんじゃないかな?

一輝)考えとく

自分の好き、楽しい、面白い!という気持ちで自分を満たすとそれが漏れて周囲の人にも伝わる

だから、自分の心を大切に

それが満たされたら

周りの人とシェアしたらいいんじゃないか?

そんなメッセージのある回でした。

まずは自分を満たす

スピリチュアルな観点でも同じことを言います。

ドラマのストーリーでこのメッセージを拾えるなんてすごく嬉しい。

ますます自分を生きる時代になっているのだと思います。

次週も楽しみ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする