笑わせたい人と喜ばせたい人

スポンサーリンク

芸能人のインタビューなんか読んでると、

『子どもの頃から皆を笑わせるのが好きでした。』

って答えを何回か見かける。

私はびっくりする。

『子どもの頃から皆を笑わせるのが好き』って気持ちで生きるということがあるんだなぁと。

私は、考えたことがない。

笑わせるのと喜ばせるのはちょっと違うと思う。

笑わせるのはエンターテイメント的なもので

喜ばせるのは、思いやりとか親切さとか。

自分はどっちのタイプかって分かってると他人とのコミュニケーションするときに余計なことを考えなくて済むように思うのだけどどうだろうか?

笑わせたい人は、喜ばせようとしなくていい

ただ、自分が面白いと思うことをして

喜ばせたい人は、面白いこと言おうとしなくていい

ただ、優しく微笑んで

逆をやると笑う人がいなくなるし、

受け取る人もいなくなる。

笑わせたい人もいるし、喜ばせたい人もいて

どちらも、そのままでいいんだよね。

むしろ、偽らずそのままでいて欲しい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする