ダラダラ過ごすと決めた、その裏にあったもの

スポンサーリンク

最近もノートに書き出しながら自分を深堀りしていますよ。

今日は一日ダラダラ過ごしていたんだけど、

午後中寝てて、起きたら夕方で

そしたら何となくザワザワしてる状態だった。

せっかくお休みでダラダラできたのに、なんでザワザワしてんの私!?

そういう時は、ノートとペンなのです。

ノートに書いたことをブログにそのまま載せます。

(私にとって)ダラダラするとは?
 
何もしないこと
 
 
何もしないとは?
 
 
家事や、メールの返信、細かい用事、やらなきゃいけないことをしない
 
 
どんな気分でダラダラしたい?
 
 
リラックス、温かい温泉に入って気持ちいぃって言ってるような気分で
 
 
そして今どんな気分?
 
 
ソワソワ
 
 
じゃあ、ダラダラした後なのにリラックスした気分になってないのはなんでだろう?
 
 
「何もしない」
 
 
そう決めたことに違和感を感じてきた
 
 
「何もしない」
 
 
そう決めないと、厄介なことはやってくるし、片づけなきゃいけないことも出てくる
 
 
そういう前提が見えるし、実際にそう思っているかも
 
 
「何もしない」=シャットダウンしたい
 
 
何から逃れるためのシャットダウン?
 
 
【面倒なこと】
 
 
私には面倒なことがつきまとう前提w
 
 
「何もしない」と、
「今日は好きなことしよ♪」は全然違う
 
 
「何もしない」と、
「今日はたっぷり寝よ♪」は全然違う
 
 
「何もしないぞ」と決めた裏には
 
 
シャットダウンしないと「私の自由は奪われる」
 
 
っていう設定が横たわっているなぁ。
 
 
 
本当にそうなのかな?
そんな風に予防線をはる必要あるのかな?
 
 
 
何から自分を守ろうとしているの?
 
 
(↑ここからまた更なる深堀に進めそうだけど、今日はここまでにしとく)
 
 
 
ダラダラするのは、弱い自分を守るためっていう設定はもういらない
 
 
 
ダラダラするのは、ただそうしたいからするのだ!
 
 
 
以上、書き出し終わり。
 
 
 
自分の思考が現実になる
 
 
現実は思考の結果
 
 
現実を変えたいなら思考を変えるしかない
 
 
思考を変えるなら前提を見つけなくちゃいけない
 
 
前提はそう思考するに至った源
 
 
自分に問いかけて、ノートに書きだしてると
その源が見つかるので
 
 
変えるなら、そこなのよね。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする